お墓の購入と継承には税金がかかる

自分にとって最適なお墓を求めているのでしたら、何よりも交通便の良さをチェックしてください。
バスや電車などの公共交通機関の利用はどうなのか?また車で行った時の渋滞や駐車場などを確認してください。 お墓の購入についてですが、一般的に不動産を取得した場合におきましては、不動産取得税がかかります。
その土地を所有していますと固定資産税や都市計画税が必要ですがお墓の場合は、不動産取得税や固定資産税などはかかってきません。

 

お墓を承継するのは、お墓の権利を持っている人が亡くなってしまい、その遺産の一つとして遺産相続することとなります。
一般の相続財産には相続税がかかってきますが、お墓の承継には相続税が必要無いのです。
お墓を購入するということは、永代使用権という権利を購入することなのです。
住宅や駐車場などといった不動産を購入することとは根本的に異なっているのでご注意ください。



お墓の購入と継承には税金がかかるブログ:2019/11/18

皆様
( ゚д゚)ノ こんにちわー

「低炭水化物ダイエット」ってかなり注目されていますし、
実践している人も多いみたいですね。

確かに過剰に炭水化物を摂取することは、
ダイエットにとっては、
決していい結果をもたらしてはくれません。

でも、
あまり極端に炭水化物の摂取をカットすることは
危険なんですよね。

特にボクたちの脳というのは、
ブドウ糖しかエネルギー源にすることができないといわれています。

ダイエット中は、
好きなおかしを我慢したりして、
よくイライラするという人がいますが…

もしかすると、
食べる事から炭水化物を極端にカットしたことで、
ブドウ糖が十分に脳にいきわたらずに、
イライラなどの感情を引き起こしていることも考えられるんですよね。

なので、炭水化物を適度にとることは
非常に大事なんです。

炭水化物については、もう一つ誤解があります。

それは、炭水化物として摂取したものは
すべて脂肪として貯蔵されるという誤解です。

確かに余分になった炭水化物については、
脂肪という形でからだの中に貯蔵されます。

しかし余らなければ、
脂肪として貯蔵されることはないんですよ!

特に体操をした直後は、
炭水化物が脂肪になることは少ないでしょう。

体操をした後に摂取された炭水化物については、
筋肉などに糖分という形で運ばれていくようです。

炭水化物を分解した糖分は
優先的に筋肉や肝臓に運ばれていくんだそうです。
体操によって失われた糖分を補給するためです。
ですから、なかなか余分が出てこないんです!

適度な体操をすれば、
脂肪という形で炭水化物が貯蔵されなくなるんです。

いくらダイエットとは言え、
炭水化物を目の敵にするのはよくないと思いますよ!

嗚呼,気分爽快