お墓以外に埋葬するのは許されていない

お盆休みに限ったことではなく、ちょっとした時間が出来た時や、毎日のようにお墓に出掛けている人もいることでしょう。
特にご先祖様を大切にしている人は、なるべく徒歩か自転車で行けるお墓を選ぶことが大切です。 墳墓を設けることとなる区域が墓地であり、『墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域』と定められています。
法律によって「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と禁止されているのです。

 

法律的に土葬が認められているとしましても都道府県が墓地の許可条件に「焼骨の埋蔵に限る」となると不可能になります。
一部の地域や特別な事情がある限りを除きまして、現在では土葬は現実的には困難と言えるでしょう。
お墓は勝手に設けることは出来ずに、都道府県知事の認可を受けている墓地にしか設けることが出来ないと定められています。
また墓地経営は、自治体による公営か財団法人、そして宗教法人のいずれかでなければ認められていません。

リアルテックジャパン株式会社
https://cloudpack.jp/partner/realtech.html
リアルテックジャパン株式会社



お墓以外に埋葬するのは許されていないブログ:2020/03/30

読者様
こんにちは

減量のための
簡単なストレッチってたくさん紹介されていますが…

ストレッチをすることで
減量を成功させるポイントは、
できるだけ簡単なストレッチを行うということ!

そのためには
日々楽しく簡単に続けられる
ストレッチを習慣付けることが大切だと思います。

ただ、
簡単ストレッチといっても
間違った方法で行っていたのでは、
減量効果は望めません。

それどころか、
関節を痛めてしまう!なんていうこともあるので
安全なストレッチを正しく行うようにしましょう。

ストレッチって
リズミカルに身体を動かしたほうが効果的と思われがちですが、
リズミカルに勢いで関節を伸ばしてしまうと
関節の限界を超えてしまい、
逆に関節に痛みを感じてしまうこともあります。

なので、
ストレッチの際は
適度に関節を伸ばすことが大切です。

減量効果を高めるためにも、
正しいストレッチ方法を知っておくべきですね。

減量のための
簡単ストレッチの正しい方法については…

まず、伸ばす前に深呼吸を数回行います。
心も身体もリラックスした状態で、
息を吐きながら、ゆっくりと筋肉を伸ばしていきます。

そして痛みの手前で止め、
そのポジションのまま深呼吸を行います。
その後ゆっくりと元の状態まで戻していきます。

激しい動きの無いストレッチは、
減量効果が無いような感じがするかもしれませんが、
減量のためにプログラムされたストレッチは
正しく行うことで、
無理なく減量効果を得ることができちゃうんですよ!

激しいトレーニングはちょっと苦手!という人でも、
簡単ストレッチなら無理なく始めることができますよね。

明日はいい日だ。がんばろ〜^^