お墓以外に埋葬するのは許されていない

お盆休みに限ったことではなく、ちょっとした時間が出来た時や、毎日のようにお墓に出掛けている人もいることでしょう。
特にご先祖様を大切にしている人は、なるべく徒歩か自転車で行けるお墓を選ぶことが大切です。 墳墓を設けることとなる区域が墓地であり、『墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域』と定められています。
法律によって「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と禁止されているのです。

 

法律的に土葬が認められているとしましても都道府県が墓地の許可条件に「焼骨の埋蔵に限る」となると不可能になります。
一部の地域や特別な事情がある限りを除きまして、現在では土葬は現実的には困難と言えるでしょう。
お墓は勝手に設けることは出来ずに、都道府県知事の認可を受けている墓地にしか設けることが出来ないと定められています。
また墓地経営は、自治体による公営か財団法人、そして宗教法人のいずれかでなければ認められていません。

リアルテックジャパン株式会社
https://cloudpack.jp/partner/realtech.html
リアルテックジャパン株式会社



お墓以外に埋葬するのは許されていないブログ:2020/08/06

減量というと、
「食事制限による空腹との戦い」なんてイメージを
持っている人が多いかもしれませんが、
これって大きな勘違いなんですよね。

食事の極端なカロリー制限や絶食は、
ようやく食べ物が肉体に入ったという反動から、
失われたエネルギーを溜め込むので、
肉体の中に蓄積しやすくなり、太りやすくなってしまうんですよ!

減量を成功させるためには、
肉体に重要な栄養素を欠かさないように、
食事メニューを変えることが必要になってきます。

絶食を行うことは、
減量を成功させるために、
好ましいことではないんです。

絶食をすれば、一時的に体重が落ちるかもしれませんが、
その先にはリバウンドが待ち受けています。

減量で欠かすことができないのは、
ビタミンやミネラルを含んだ野菜類・フルーツ。
筋肉や肌、髪、爪を作るために不可欠なたんぱく質。
肉体の脂肪を燃焼する為に重要な脂質、
肉体を冷やさずにキープさせる為の炭水化物です。

つまり、すべての栄養素をバランスよく摂らなければ、
健康的にボディサイズを下げることはできません。

また肌や髪、爪が弱ってしまっては、
減量は失敗と言わざるを得ません。

減量のためとはいえ、
栄養バランスの悪い食事では、
ボディサイズや体重は減っても、
肉体に支障が起こる可能性が高いのです。

特に、
10代のうちは医師の指示がない限り、減量は禁物です。

そのときは良いかもしれませんが、
20代で骨が脆くなってしまうというデータがあります。

成長期に理想的な肉体が欲しいのであれば、
必要なのは食事制限ではなく、運動なのです。