ここではお墓以外への埋葬についてご案内しています。
お墓以外に埋葬するのは許されていない

お墓以外に埋葬するのは許されていない


お墓以外に埋葬するのは許されていない
お盆休みに限ったことではなく、ちょっとした時間が出来た時や、毎日のようにお墓に出掛けている人もいることでしょう。
特にご先祖様を大切にしている人は、なるべく徒歩か自転車で行けるお墓を選ぶことが大切です。 墳墓を設けることとなる区域が墓地であり、『墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域』と定められています。
法律によって「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と禁止されているのです。

法律的に土葬が認められているとしましても都道府県が墓地の許可条件に「焼骨の埋蔵に限る」となると不可能になります。
一部の地域や特別な事情がある限りを除きまして、現在では土葬は現実的には困難と言えるでしょう。
お墓は勝手に設けることは出来ずに、都道府県知事の認可を受けている墓地にしか設けることが出来ないと定められています。
また墓地経営は、自治体による公営か財団法人、そして宗教法人のいずれかでなければ認められていません。




お墓以外に埋葬するのは許されていないブログ:2019/10/26

最近は、
お父さんもママも外で働く、
いわゆる共稼ぎの家庭って全然珍しくありませんが…

私が子供の頃は、
お父さんが外へ働きに出て、ママは家にいるという家庭が
多かったんですよね。
私の家もそういう家庭でした。

とは言っても
我が家は裕福な家庭ではありませんでしたから、
ママは家で一生懸命内職に励んで、
家計の足しにしていました。

このころから、
世間で「鍵っ子」と言う言葉が
よく使われるようになってきたようです。

ママも外へ働きに出る家庭が
増え始めてきていたんですね。

そのため、
家の鍵を持ち歩かなくてはならない
子供が多くなり始めていました。
このような子供が「鍵っ子」と呼ばれていたんです。

私が通っていたクラスにも、
鍵っ子が何人かいました。

今は週休二日が当たり前で、
土曜日も日曜日も学校はお休みですが…

当時土曜日は、小学校は休みではなく、
午前中だけ授業があったんですよ!

しかし、給食はありませんでした。
当然ながら鍵っ子は、
お昼食をどうにかして確保しなくてはなりませんでした。

多くの鍵っ子がどのようにしてこの問題を解決していたかは、
私は知りません。

私のママは、そんな鍵っ子である仲間を
家に連れて来るように言いました。

私は、ママの言うとおりに、
土曜日には鍵っ子を連れて家へ帰りました。

ママは、
仲間の分のお昼食も用意してくれていました。
私と鍵っ子である友達は、仲良く同じお昼ごはんを食べました。

お昼ごはんを食べ終えると…
私と仲間は、
仲間のママが帰ってくるまで
思う存分遊べたのでした。

私は、そんな土曜日の午後が
たまらなく好きでした。






お墓以外に埋葬するのは許されていない

お墓以外に埋葬するのは許されていない

★メニュー

お墓以外に埋葬するのは許されていない
継承と永代供養墓の存在
お墓は土地を購入するワケではない
石材店に支払う費用について
管理費を支払わないと権利が剥奪されることもある
お墓を買う時に発生する3つの費用
公園墓地と寺院墓地の違い
お墓の購入と継承には税金がかかる
お墓を立てる時期に決まりは無い
様々な意味があるお墓の購入


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)意外と知られていないお墓知識