ここでは値段の格差についてご案内しています。
お墓を買う時に発生する3つの費用

お墓を買う時に発生する3つの費用


お墓を買う時に発生する3つの費用
お墓は日本全国に非常に多くありますが、その全てのお墓が優良で最適なお墓とは決して限りません。
中には全く管理がされていないようなお墓もありますので、まずは管理状況のチェックを怠らないようにしてください。 墓地使用料というのはお墓によって値段の格差は確かにありますが、一概に安ければ良いものではありません。
区画の大きさや立地、そして環境、設備、管理体制などと合わせて比較をして検討をするようにしてください。

管理費はお墓を購入した後には、墓地の管理者へ毎年、管理費を支払う必要があります。
これを滞納してしまいますと使用権を取り消される要因にもなりますので、払い忘れのないようにお気をつけください。
墓石費用とは墓石本体、外柵、工事費の3つが、建墓に必要となる費用とされています。
墓石の価格は、石の種類や大きさ、またはデザインなどにより数10万円〜1,000万円超と、大きな差があります。




お墓を買う時に発生する3つの費用ブログ:2019/11/09

減量は、
体重が減ればいいというものではありませんが、
やっぱり気になりますよね。

体重は体質全体の重さを表す数字なので、
正確に、やせたか太ったかの判断はできないですが、
目安として把握しておくことは大事!

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めたら…
すでに太っている証拠。

その後もずっと体重計に乗らなければ、
自分が太ってしまっていることを把握できないため、
脂肪の増加は、簡単には止められないのです。

そうならないためにも、
体重計には、定期的に乗ることが大事なんですね。

とはいえ、24時間に何度も体重計に乗る必要はありません。

減量中って、
24時間に何度も体重に乗りたくなったりしませんか?

でも、それはダメ!
かえってストレスをためることもありますよ。

24時間1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。
例えば…
「7時起きてトイレに行った後」
「23時お風呂に入った後」
などがおすすめです。

減量における重要なチェックポイントは、
「体脂肪率」です。

皆さんも知ってると思いますが、
「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」なので、
太っているかやせているかを正確に判断するためには、
「体脂肪率」を計ることが重要なのです。

ちなみに、女性の場合、20~25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。
これよりも多ければ、やはり減量が必要でしょう。

ただし、体脂肪率は体重とは違って、
日々測っても、あまり意味がありません。
一週間に1回、または14日間に1回くらいのペースで、
増えているか、減っているかをチェックするのがいいようです。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。
お墓を買う時に発生する3つの費用

お墓を買う時に発生する3つの費用

★メニュー

お墓以外に埋葬するのは許されていない
継承と永代供養墓の存在
お墓は土地を購入するワケではない
石材店に支払う費用について
管理費を支払わないと権利が剥奪されることもある
お墓を買う時に発生する3つの費用
公園墓地と寺院墓地の違い
お墓の購入と継承には税金がかかる
お墓を立てる時期に決まりは無い
様々な意味があるお墓の購入


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)意外と知られていないお墓知識