継承と永代供養墓の存在

このご時世、多くの若者がお墓のことについて真剣に考えなくなってしまい、人任せにしてしまっていることがあります。
お墓というのはある意味でご先祖様の住居なのですから、自分の家選びと同じ感覚で探すようにしましょう。 お墓の使用権者が亡くなってしまった歳には、お墓を引き継ぐ必要がありこのことを「承継」と呼んでいます。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」という性格であり、本人が指定するか「慣習により」定め家庭裁判所が決することとなります。

 

民営お墓では、無縁化を避けるために「申請者方式」と言って、裁判所の判断に委ねる方式をとるケースが増えてきています。
このような社会的変化に対応して、有期限墓地や承継者がいなかったとしても墓地が継続する限り存続する永代供養墓もあります。
戦前の家族制度が崩壊し、家族形態が多様化してきた為に、お墓の継承は最近では複雑な問題となっています。
子供を授かっていないことから、承継者がいないというケースも出てきているのです。



継承と永代供養墓の存在ブログ:2020/03/29

シェイプアップしようと考える方は少なくないようですが、
同時にシェイプアップに挫折してしまう人も多いようです。

シェイプアップしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

シェイプアップというのは、
ご飯制限があったり、運動をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからシェイプアップは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なシェイプアップをしなくてはならなくなります。
極端にご飯制限してしまうとか、過激な運動をするとか…

かく言うわたしも一度、
シェイプアップで失敗してしまった経験があります。
わたしの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構なご飯の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またシェイプアップには運動だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から運動をやっている人なら
それほどきついシェイプアップメニューではないかもしれません。

ところがわたしは、
今まで運動をほとんどやったことがありませんでした。

身体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりシェイプアップするようにしました。
そのときのわたしは、ちょっと無理をしていたようです。

わたしのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。