継承と永代供養墓の存在

このご時世、多くの若者がお墓のことについて真剣に考えなくなってしまい、人任せにしてしまっていることがあります。
お墓というのはある意味でご先祖様の住居なのですから、自分の家選びと同じ感覚で探すようにしましょう。 お墓の使用権者が亡くなってしまった歳には、お墓を引き継ぐ必要がありこのことを「承継」と呼んでいます。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」という性格であり、本人が指定するか「慣習により」定め家庭裁判所が決することとなります。

 

民営お墓では、無縁化を避けるために「申請者方式」と言って、裁判所の判断に委ねる方式をとるケースが増えてきています。
このような社会的変化に対応して、有期限墓地や承継者がいなかったとしても墓地が継続する限り存続する永代供養墓もあります。
戦前の家族制度が崩壊し、家族形態が多様化してきた為に、お墓の継承は最近では複雑な問題となっています。
子供を授かっていないことから、承継者がいないというケースも出てきているのです。



継承と永代供養墓の存在ブログ:2020/06/04

トレーニングは、シェイプアップには有効だと思います。
でも、トレーニングのタイミングや頻度を間違えると、
トレーニングしているのにまったくやせないということもあるんですよね。

「三月も頑張っているのに、全然やせない!」
これは、少々ハードなトレーニングを始めた人が陥りやすい錯覚なんです。

どれだけハードなトレーニングをこなしたとしても、
1日で消費したエネルギー以上に食べていればやせることはありません。

「これだけトレーニングしたのだから、少し多く食べても大丈夫」
というのは間違いです。

実際、1回のトレーニングによる脂肪燃焼の効果というのは、
ごくわずかなのだそうです。

そこへトレーニングしたことを口実に
いつも以上にエネルギーを摂取すれば、脂肪が増えて当然!

トレーニングすることでシェイプアップにつながるのは、
エネルギーの消費だけではなく、
筋肉量の維持や増加で基礎代謝量を増やして、
太りにくい体質にしていくことにあるのです。

トレーニングを始めるのであれば、
最低でも現状の食事量を維持、または減らすことが最優先です。

トレーニングをシェイプアップに取り入れる場合は、
定期的にできるトレーニングを選ぶことが絶対条件です。

どんなにハードなトレーニングでも三日坊主では何もなりません。
しないよりはましでしょうが、
一週間に1度程度の激しいトレーニングをしても、
それほどシェイプアップには効果が無い場合が多いのです。
少なくとも週に3回程度できるトレーニングが良いとされています。

しかし、どんなにきついトレーニングでも
根性で続ければよいのかと言うと…それも疑問です。
自分がこれなら続けられるというトレーニングが一番です。

きついだけでまったく興味がないトレーニングであれば、
思うように効果が出なければすぐにやめたくなるものです。