お墓を立てる時期に決まりは無い

一生のうちでお墓を購入する機会は多くありませんが、だからこそ慎重にお墓選びをすることが大切です。
お墓の管理者とよく相談をして、また親族との念入りな相談をしてから、お墓を決めるようにしてください。 お墓を建てなければいけない時期というのは特に決まっていません。
しかし新仏のあるお宅では墓地がある場合には、一周忌に建てることが多くなっているようです。

 

もし一周忌までにお墓を建てることが出来ない場合には「三回忌」もしくは「七回忌」にお墓を建てるようにします。
お墓を建てるまでの期間、菩提寺で遺骨を預けておくことが出来るのは、せいぜい三回忌までとなるのでご注意ください。
開眼法要を営む必要があることから、法事に合わせて建てるのが最も一般的となっています。
ただし大都市ではお墓に必要な多額の費用や墓地の不足が原因となり「一周忌」までにお墓を建てる人は減少しています。



お墓を立てる時期に決まりは無いブログ:2019/11/25

健康維持やダイエットのためには
ご飯と体操のバランスが大切ですが…

お腹が空きすぎている時や
お腹がいっぱいの時の体操は
逆に体に負担をかけてしまいますよ。

一般的に
ご飯は体操の
2時間前にとるのが良いと言われます。

それは、空腹時の体操は低血糖を起こしやすく、
満腹では胃に負担をかけたり、
逆に疲れやすくなってしまうからです。

体質によって異なりますが、
食べ物の消化吸収の時間が最低三時間といわれているため、
食後2時間経ったときには、
満腹でも空腹でもなく、血糖も程よく上がっているので
体操しやすいというわけです。

とは言え、
午前中・14時・夜によって少々異なりますし、
ご飯の2時間後に
必ず体操できるとも限りません。

体操前と体操後では、
ご飯のとり方や目的もそれぞれ異なってきます。

体操前には消化がよく、
すぐにエネルギーになりやすいものがおすすめ。
たんぱく質や脂質の多いご飯は、
消化に時間がかかるので控えましょう。

早朝の体操で時間がない場合は、
すばやくエネルギーになりやすい
バナナ、スポーツドリンク、野菜ジュース、くだものジュースなどを
試してくださいね。

一方、体操した後、
体操によって消費された糖質や傷ついた筋肉を補うには、
たんぱく質を補給する必要があります。
柑橘系のくだものはクエン酸なども含まれているため、
疲労回復にもってこいですよ。

やせたいからといって必要以上にご飯量を減らすと、
疲労の回復は遅くなるので禁物!

また
体操したからといって
高カロリーのものを食べたり、ご飯を食べ過ぎたりすると、
逆に太ってしまいますので適量で抑えましょう。