お墓を立てる時期に決まりは無い

一生のうちでお墓を購入する機会は多くありませんが、だからこそ慎重にお墓選びをすることが大切です。
お墓の管理者とよく相談をして、また親族との念入りな相談をしてから、お墓を決めるようにしてください。 お墓を建てなければいけない時期というのは特に決まっていません。
しかし新仏のあるお宅では墓地がある場合には、一周忌に建てることが多くなっているようです。

 

もし一周忌までにお墓を建てることが出来ない場合には「三回忌」もしくは「七回忌」にお墓を建てるようにします。
お墓を建てるまでの期間、菩提寺で遺骨を預けておくことが出来るのは、せいぜい三回忌までとなるのでご注意ください。
開眼法要を営む必要があることから、法事に合わせて建てるのが最も一般的となっています。
ただし大都市ではお墓に必要な多額の費用や墓地の不足が原因となり「一周忌」までにお墓を建てる人は減少しています。



お墓を立てる時期に決まりは無いブログ:2020/01/17

腹周りを引き締めることを考えた
食生活をするなら、
脂肪が少なくたんぱく質を多く含む
ご飯にするべきですね。

新たな脂肪を増やさないために
脂肪分少なめのご飯にすることは、
脂肪代謝を促進することと同様、
減量には大事です。

同時に脂肪を燃焼させる為には
アミノ酸が必須とされていますので、
減量には
高たんぱくのご飯が欠かせないのです。

具体的な食材としては、
鳥のささ身や白身魚などが挙げられます。

しかし、
ご飯を気にしつつも、
付き合いなどで高カロリーの外食が
多くなりがちなこともあります。

ご飯の準備まで行き届かないという方は、
減量や栄養補給にいいという
特定保健機能食品を
活用するという方法もありますよ。

ご飯を見直すことで
減量を目指すという方法は
スタンダードなものですが、
中には一度のご飯をまるまる抜いたり、
肉や油脂を一切断ってしまう方もいます。

ご飯を減らしてまで
減量に取り組む姿勢は立派ですが、
健康に悪影響が出るような
ご飯の制限はやめた方がいいでしょう。

効果的な減量を目指すなら、
ご飯は抜かず、
きちんと三度三度食べましょう。

ちなみに、
減量中に空腹を凌ぐための
おすすめアイテムは、寒天です。

寒天のカロリー量はとても少なく、
それでいて十分に腹をふくらませることができますし、
食物繊維も多く
便秘解消効果も期待できる食材です。

日々の食生活をもう一度見直して、
脂肪燃焼に効果的なご飯内容に改善して、
健康的な減量に励んでくださいね。